漢本草精油”神気” 五行シリーズ開(Kai)


3,78014,580税込

加算ポイント:189pt729pt

商品コード: 00010 ~ 00011

関連カテゴリ

  1. カテゴリー
  2. 漢方アロマオイル
  1. ブランド
  2. 塗る漢方"神気"
  1. カテゴリー
  2. ホームケア
  • 容量:
数量
▲ ▼

肺経に作用し、呼吸器系の自然療法に使用されます。
花粉の期になる時期にもお勧めです。

[ 成   分 ]
辛夷、ヒマラヤンシダーウッド、ケイガイ、ユーカリ

[ 帰   経 ]
肺経、大腸経

[ 使用方法 ]
2~3滴を鼻の両側に塗布し、軽くマッサージしてください。アロマポットを使用する場合は3~5滴が適量です。

経絡マッサージ

神気漢方精油「開」は呼吸器系の日常お手入れのために、神気漢方精油「脈」を加え、面積の広い経絡マッサージに用いてもよい。経絡マッサージの部位と重要なツボは次の通り

開 経絡マッサージ参考図 開 経絡マッサージ参考図
頭部・首部 迎香のツボ(小鼻の横、鼻脣溝中)、印堂のツボ(眉と眉の中間)及び太陽のツボ(眉と目尻の中間の少し後ろ外側)、風池のツボ(首の後ろ髪の生え際の下で、首の大きな筋の両側を押さえると、痛感を感じる場所)を押さえてメッサージします。
手部 肺経マッサージは、鎖骨の下方から親指ツメの外側まで行われますが、特に、尺沢のツボ(肘のしわの上の外側から三分の一のところ)、太淵のツボ(手首の親指側、脈を打っているところ)、少商のツボ(親指ツメの付け根の外側の角から約2mmのところ)を押さえてマッサージします。
背中部 両肩甲骨間の区域に塗布しますが、特に、風門のツボ(背肩部、第二胸椎棘突起下で左右約指幅2本分ほどのところ、肩甲骨の上縁に平行)、肺兪のツボ(風門のツボの下方、第三胸椎棘突起下で左右約指幅2本分ほどのところ)、大椎のツボ(首を前に曲げると、首と背中の境にある最も大きく飛び出る背骨の下のくぼみ)を押さえてマッサージします。
胸部 喉頭から心臓あたりの局部に塗布し、天突のツボ(胸骨上部のくぼみの真ん中)、中府のツボ(鎖骨外端下のくぼみから指幅二本分下あたり)、雲門のツボ(肩の大きな関節の根元より、やや胸側に向かった鎖骨の下のくぼみ)を押さえてマッサージします。
この商品のレビュー ★★★★★ (11)
この商品のレビュー ★★★★★
  • ★★★★★ 風邪をひいたときに

    2017/10/18 にゃんさん

    風邪をひいて鼻詰まりが発生。早速使用しました。
    かなりスーッとして楽になりました。

  • ★★★★★ リラックスできます

    2017/10/18 ちゃちゃさん

    鼻に抜ける香りがとっても心地よくて、リビングに欠かせません。
    スッキリしつつリラックスできて最高です♡

  • ★★★★☆ 香りについて

    2017/10/18 しい。さん

    アロマオイルは普段から使っていますが、漢方がプラスされているものは初めてでしたのでどのようなものか楽しみにしていました。
    香りはやはり漢方を感じるというか…これまで使ってきたものとは全く違うタイプだったのではじめはちょっぴり抵抗がありましたが、アロマポッドで使用してみたら心が落ち着くような感じがしてだんだん心地よく感じるようになってきました。
    マッサージにも使ってみたら、使用後はメントール系の香りが残るのでスッキリ感があるので、今後はマッサージでの使用が増えそうです。
    なかなか出会えないオイルを発見でき嬉しいです。ありがとうございます。

  • ★★★★★ 家族で愛用

    2017/10/18 ねっすんさん

    心が落ち着く香りで家族一同愛用しております。
    入浴剤としてはもちろん、服に行ってきたラスト一日中幸せな気分になります。

  • ★★★★★ リラックスできる香り

    2017/10/18 エトワールさん

    リラックスできそうな香りです。
    アレルギーでのイライラは解消されるといいなぁ~。
    ありがとうございます。